<< 【HKT48】さしこ感涙! HKT48遂にデビュー! 「スキ!スキ!スキップ!」初日20万枚超えの猛発進! | main | 【音楽】Perfume7月ヨーロッパ上陸!5月22日新シングル&海外ツアーDVD同時リリース >>

スポンサーサイト

  • 2013.07.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



【音楽】“現代のベートーヴェン”佐村河内守さん、CD「交響曲第1番《HIROSHIMA》」が12万枚突破

1: 禿の月φ ★
全聴覚を失いながら壮絶な創作活動を続け、米誌タイムで「現代のベートーヴェン」と紹介された
現代の作曲家、佐村河内守(さむらごうち・まもる)氏(49)。演奏時間80分を超える
「交響曲第1番《HIROSHIMA》」のCDが発売から1年8カ月を経て、累計出荷枚数
12万枚を突破した。クラシックでは異例の売れ行きだ。

引き金となったのは、3月31日の夜に放送されたNHKスペシャル「魂の旋律〜音を失った作曲家〜」。
視聴率こそ6・8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったが、視聴者の反響は大きく、
「感動に震えた」「涙がとまらない」「どうしてこんな大作が書けるのか」といった声がネット上にあふれた。

佐村河内氏は広島生まれの被爆二世。10歳の頃から作曲を志し、ゲーム「鬼武者」
「バイオハザード」の音楽でも知られるが、17歳から原因不明の偏頭痛や聴覚障害に
悩まされてきたという。

番組では、35歳で全聴覚を失うなど数奇な半生を紹介。抑鬱神経症などで、
太陽の光でも体調に異変が生じることから、カーテンを閉ざした暗闇の部屋で、
絶対音感を頼りに唸りながら作曲に没頭する衝撃的な姿が、そのまま放送された。
>>2以降に続きます)

ソース:ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130405/enn1304051213008-n1.htm
画像:いま最も注目を集める作曲家、佐村河内守氏
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/images/20130405/enn1304051213008-p1.jpg
※ご依頼がありました。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1365001043/203

引用元: 【音楽】“現代のベートーヴェン”佐村河内守さん、CD「交響曲第1番《HIROSHIMA》」が12万枚突破

159: 名無しさん@恐縮です
>>1
こういう手首に数珠つけてる奴はほぼ創価だし、
不自然なごり押しは当然創価だしこいつのCD買ってるのは
やっぱり創価と情弱だけだと思う。

124: 名無しさん@恐縮です
>>122
同意
2013年にやることじゃないと思う

125: 名無しさん@恐縮です
NHKスペシャル見たがただのロリコンのオッサンだった。

126: 名無しさん@恐縮です
へー、お前らの仲間か

127: 名無しさん@恐縮です
>>108
>日本人作曲家のCDが売れてるという事実も気にくわないのだろう
>クラヲタはホントめんどくさい奴等

クラオタというより売れない同業者(現代音楽作曲家)の妬みだよ。
吉松隆を叩くのと同じ輩が叩いてる。
佐村河内は案外クラオタからは相手にされてない。

128: 名無しさん@恐縮です
>>122
>こんなこと徹底的にやりつくしたから現音がある

そういう認識が通用したり、それなりの権威持ったのも昔(70年代まで)の話だよ。
一体、何時の時代の「現音」の話してるの?
認識が古過ぎるよ。

129: 名無しさん@恐縮です
クラヲタは市場の発展という観点からは害悪でしかないな

130: 名無しさん@恐縮です
のぞいたら予想通りw

クラオタって全板中でも電オタ並みに痛い奴らってホントだわ
別に調性音楽やってもいいだろ
大事なのはどういう形式にどういう感動や中味を込めるかであって、
この作品は立派にやり遂げてる

どーせ駆け出しのプロ見習いとか音大生とかだろうが、おまいらが
こんだけ人を感動される何を持ってるのかと
将棋板にたまに出没しては異常な毒を吐く奨励会員みたいw

132: 名無しさん@恐縮です
>>130
>別に調性音楽やってもいいだろ

最近では「前衛」とか言ってた人も状況の変化に案外敏感なのか、
ドンドン日和ってきてるからな。
晩年の武満徹がそうだったし、それを批判していた細川俊夫も
ココ10年で驚くほど作風が甘くなった。一柳慧もそうだよ。
そんな現代音楽界の変化とか知らずに書き込みしてる奴もいるから
認識がズレてるんだよ。

131: 名無しさん@恐縮です
どうしてもこれやりたいなら、
ほんとに過去の作曲家越えてなきゃ駄目だけど、
明らかにただの真似の域を出てない

133: 名無しさん@恐縮です
>日和ってきてるからな

その言い方、わかるよw
でも、時代が欲してるって言うのはあるよね。無調への認知度自体はさして
上がってなくても、映像音楽ではもう半世紀以上前から普通に慣れ親しんで
きてるから、抵抗は無いし、感覚としては誰でもわかるようになってる。
一方で日本の社会環境が欲してるものは、今は実験的な前衛じゃない。
それは、時代に敏感な作曲家にとって大事な事なんだよ。

147: 名無しさん@恐縮です
>>133
売れる映像作品はハリウッド方程式で構成される。
そこには万人に訴求しやすい運びがある。
映画音楽に調性作品が多いのは自明だな。

134: 名無しさん@恐縮です
> どーせ駆け出しのプロ見習いとか音大生とかだろうが
こういうこと言い出す奴って何なの?
底辺プロが俺はプロだからわかってるぜーって言ってるだけにも見えるんだけど

てか見習いとか音大生はクラオタには含まんだろ

135: 名無しさん@恐縮です
あえてシンフォニーを書かなかった20世紀の多くの有能な作曲家に対して
どう申し開きをするのか、と言うこと。
クラオタは彼らが何故沈黙したのか理解しているので黙っていられないのだよ。
「交響曲ではない、BGMだ」と言えばいい曲だねと言われるよ。

137: 名無しさん@恐縮です
>>135
>あえてシンフォニーを書かなかった20世紀の多くの有能な作曲家

いい加減で大雑把な事言うなぁw
20世紀も前半と後半で大分違うし、マーラーの交響曲も大半が
20世紀になってから書かれてるぞ。

168: 名無しさん@恐縮です
>>135
> あえてシンフォニーを書かなかった20世紀の多くの有能な作曲家に対して

誰のことを言っているんだ?

136: 名無しさん@恐縮です
Wikipediaで経歴みてると、独学だからクラシック知ってる人には受けないんだろうな
ずっとプロ活動してた訳でもないし

140: 名無しさん@恐縮です
>>136
日本を代表する作曲家とされる武満徹も独学だったな。そういえば
なまじ音楽大学に入って並み居る大作曲家の膨大な作品群に接していると、
自身で創作しようという意欲が失せてしまうという現象が起こり得るのかも知れないw
独学者は知らぬが仏で、それが強みになるということがありそうだ

一般人が聴覚を失うのは不幸なことであるが、
こと創作に関しては、集中力を高めるという点でプラスに作用することもあるだろう。

138: 名無しさん@恐縮です
辻井なんとかといいクラシック音楽ってこういうステマを
経ないと売れないコンテンツになったってだけ

141: 名無しさん@恐縮です
>>138
昔からパトロンがいないと成り立たない業界じゃないの。
今やパトロンなんてほとんどいないし、金を稼ぐために話題を作るのはどんな業界でも変わらない。

143: 名無しさん@恐縮です
>>141
>昔からパトロンがいないと成り立たない業界

昭和20年後半から40年頃までは純音楽の作曲家は映画音楽で稼げた。
人にもよるけど今の金額に換算して年間数千万は稼いでいた。

139: 名無しさん@恐縮です
元々クラシックは売れないよ。
売れないけどステイタスが高かったから、
レコード会社や放送局で扱いがそれなりに良かった。
NHKなんか昔はFMの番組の半分がクラシックだった。
80年代後半以降、徐々にクラシックのステイタスが下がって、
その他大勢の音楽と同じ扱いされるようになったから、
話題性でも何でも使ってアピールしないと相手にされないようになったんだよ。

142: 名無しさん@恐縮です
すんません

さむらかわちのかみ

だと思ってました。
名前何処よ?って。

144: 名無しさん@恐縮です
現代の誰々とか日本の〜とかよく宣伝に使われるけどバカみたいだ
それならオリジナルの方聴くわ

145: 名無しさん@恐縮です
おまいらも暗い部屋で芋虫のように転がりながら2ちゃんをしているストイックなニートだよな

146: 名無しさん@恐縮です
>>109
一応ね、ほら、手帳的にそうしておいた方が
生きて行く上ではね。。

148: 名無しさん@恐縮です
>>109大人になってから聴覚を失ったんだから喋れるのは当たり前
バカなの?

149: 名無しさん@恐縮です
楽器に触れている事は重要。たくさんの曲に触れる事も重要。
ただ、楽典に関しては今のままの楽典ならコード感以外はあまり勉強しない方がというかある程度の年齢まで触れない方が感性が死なないんじゃないかとも思える。
野球でも若い頃に筋トレさせまくったら骨に問題が出て筋力も最終的に伸びないのと一緒。若い頃は走り込みが同じかそれ以上に大事になってくる。
俺は昔バンドマンのはしくれだったけど音楽始めるにあたって最初に触れる楽器はバンド形式ならとどのつまりキーボードが一番なんじゃないかと。次アコギかドラム。

150: 名無しさん@恐縮です
>>109
中途失聴の人は聴覚障害がない人同様に発音できるよ。発症までの長い年月で発声を充分に学習してるからね。
聞き取れないというだけ。

151: 名無しさん@恐縮です
>>33
是非ここで歌詞をうpしてくれ。

152: 名無しさん@恐縮です
変態ロリコンだよ〜
耳聞こえているし、普通に喋るし
うさん臭い!

153: 名無しさん@恐縮です
ミッシェルガンエレファントやブランキージェットシティみたいな4つの音だけで最高に聴かせるバンドもあるけど、やっぱアレンジ、その他の仕掛けは圧倒的に重要。
ロックバンドの曲、例えばZiggyのGLORIAにしろピアノを初めとしたグラムの王道アレンジがある、佐久間正行のGLAYにしろ定番アレンジというか長い年月をかけて人が蓄積してきたアレンジのギミックがある。
最近のロックバンドなんかミッシェルやブランキーほどの圧倒的な鳴らし、フレージング力、メロディセンスもないのに野球で例えれば中田翔やおかわり君みたいな長打センスの

154: 名無しさん@恐縮です
長打センスの選手に伊藤隼太がホームランだけで対抗しようとするようなもの、4つの鳴りだけで勝負しようとするバンドばっかり。そりゃ個性ないしパフュームやももクロが熱狂的に支持されるのも分かる。
俺が一時the indigoとかにハマってたのと同じ。いい音楽ではあるが本来はカウンターカルチャー的に支持される曲。
ごはんを炒めず何も乗せずいくらふりかけ掛けてもラーメン焼き肉より旨くなるかっつうの。
サカナクションみたいなYMOのなり損ないや、ボーディーズみたいなストーンズのなり損ないが
一周して熱狂的に受けるのは、俺はその若者はまだいい音楽を知らないとも言えるんじゃないかと。

155: 名無しさん@恐縮です
>>154
おまえ佐村河内本人だろ

156: 名無しさん@恐縮です
朝から長文書いてしまったしな
本人と言われても仕方ないな
一応さむらなんとかさんを擁護する内容ではないつもりなんだが…

157: 名無しさん@恐縮です
ガチロリコンの作った音楽だと思うと、気持ち悪くて聞けないわ

158: 名無しさん@恐縮です
ガチのクラオタだが、コラールの出来はすばらしいよ。この音楽を書ける作曲家が今の現代で他にいるのかっていう話。

160: 名無しさん@恐縮です
どう見ても「さむら・かわちのかみ」だよな。
刀鍛冶の人かと思ったw

161: 名無しさん@恐縮です
15種類の薬を飲み続け、始終止まない耳鳴りの日常と動けない体調の日にはオムツ着用生活
それと引きかえに手にする才能と名声は果たして幸せなのか?ただ宿命なのか?
障害によるプラス評価を恐れて交響曲1番はシークレットで世に出て
鬼武者でカミングアウト。音大も出てないのに交響曲かけるってのはやっぱ
すごいかもね

162: 名無しさん@恐縮です
「さむら・かわちのかみ」と読んでしまう。

163: 名無しさん@恐縮です
日常のストレスや傷病で苦労して辛い思いしてる方で氏の音楽にある種の救い・癒しを求めてる人は多いと思う
でなければクラシックのアルバムは宣伝効果あったとはいえここまで多くは売れないと思います
(ある程度通しで聴かないと買う気になれないでしょうし)
今後も期待してますが数十年後の評価はどうでしょうか

個人的には精神的な癒しにお奨めしたいのはシベリウスです
http://www.youtube.com/watch?v=7rdHcPewftg

シベリウスの交響曲第4番
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC4%E7%95%AA_(%E3%82%B7%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9)
>1908年、前年から体調の不調を訴えていたシベリウスは喉の腫瘍と診察され、5月12日にヘルシンキで手術を受けた。
>この加療生活からシベリウスは死を身近に感じるようになり、
>この時期の作品には暗闇からかすかな光を探し求めるような感覚がつきまとっている。
>その最も完成された形がこの交響曲第4番である。

最初は陰鬱な感じがしますが第三〜第四楽章で薄暗い闇から光明が差しこむような曲調になります
もし気に入ったら残りの5〜7番もお奨めします(youtube辺りで音源たくさんあります)

あともう1曲というなら
http://www.youtube.com/watch?v=9VVM4ld60bw

Jean Sibelius conducts Andante Festivo for String Orchestra
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A9
アンダンテ・フェスティーヴォ
これは作曲家の創作終盤の大傑作でどこぞのTVドラマとか映画で使って欲しい・・・幸福感に満たされる感

164: 名無しさん@恐縮です
シベリウスの5番の最終章はまんま映画音楽
聞きやすいし高揚感半端ない
あと聞きづらいかもしれんがオネゲルの3番のアダージョは半端なく綺麗
ヒステリックな不協和な部分と透明感のある癒しの旋律が対比されててたまらん

165: 名無しさん@恐縮です
犬HKもフジ子の次はこのおっさんで商売か・・
熱心やのうw 

166: 名無しさん@恐縮です
牛田智大とかビックアップしたほうが売れると思うけどね。

167: 名無しさん@恐縮です
この名字で守という名前つける親のセンスが凄い

169: 名無しさん@恐縮です
かわちのかみと読んでしまった

170: ドアラ♪
聴いたことないけど、ペンデレツキも広島の曲を書いているよね

171: 名無しさん@恐縮です
この人のNHK特集なんか胡散臭さまんさいだったので見なかった

172: 名無しさん@恐縮です
>>7
同じくwオレは「さむら・こうちのかみ」だと思ったw
なんてふざけた芸名だと思ったw

173: 名無しさん@恐縮です
>>91
地元紙に載ってたんだけど、このひと、石巻だかどっかに来てなかったっけ?
あ、女川かな?
被災地に何泊だかして、それで亡くなった人とシンクロして音楽にするとか言ってた作曲家がいたような。
それで今度交響曲ができるとか何とか言ってた気がしたんで。



■ 【グラビア】無理に痩せたりしたらダメだからね!ぽっちゃり超美巨乳、奇跡の美少女・ゆうみc(15) 週プレに降臨!

■ 【芸能】山本美月、心理戦で「人間不信になりそう」…TBS系特番「ジンロリアン〜人狼〜」に出演

■ 【芸能】遠野なぎこが自伝的小説『一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ』で壮絶過去を激白

■ 【芸能】IMALU「里依紗はファンキーなママになるんじゃないかな」

■ 【SEO】Google対策 パート25【Google】

■ 【アニメ】「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 新PVでOP・ClariS「reunion」初公開

■ 【声優】松来未祐がまさかのCDデビュー決定、marbleのプロデュースで

■ 【プロレス】可愛すぎるレスラー栗原あゆみが引退発表


スポンサーサイト

  • 2013.07.07 Sunday
  • -
  • 14:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
リンク
  • SEOブログパーツ
by
 sougolink.com
ページランク-ナビ Google PageRank
>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM